2020年2月28日金曜日

「旅する犀星〜伊豆編〜」ポスター&チラシのご紹介。

小説家としてデビューしてからおよそ1年、年間40~50本という驚異的なスピードで小説を発表し続けていた犀星が、初めて伊豆を訪れたのは大正9年10月、吉奈温泉でした。本展示では、犀星が若き日にあこがれた文士の執筆旅行をご紹介しております。
私は、ポスター&チラシをデザインさせて頂きました。

期間:2020年3月14日(土)~2020年7月12日(日)● 但し、新型コロナウイルス感染拡大防止の為、令和2年2月29日(土)から3月15日(日)まで【臨時休館】となりました。また、イベント「犀星忌・和合亮一氏講演会」も新型コロナウイルス感染拡大防止の為、中止となりました。  誠に残念至極。
◉ https://www.kanazawa-museum.jp/saisei/

イラストは「キング」(大正15年7月)に掲載された紀行文寄せ書き
「伊豆の旅」中の、佐藤惣之助による挿画です。
4月、詩人仲間の千家元麿、川路柳虹、白鳥省吾、福田正夫、佐藤惣之助、
百田宗治、萩原朔太郎、室生犀星の8人が
修善寺温泉〜下田〜湯ヶ島温泉を旅しました。




2020年2月17日月曜日

アカデミー賞受賞映画「パラサイト 半地下の家族」

昨日、アカデミー賞受賞映画「パラサイト 半地下の家族」を観た。
さすがアカデミー賞効果で映画館に久しぶりに人が溢れていた。私も野次馬でその中の1人(苦笑)。
丘の上の大邸宅に暮らす上流家族と 対照的に暗い半地下で暮らす下層家族。 “貧富の格差”がテーマで 最初 黒澤監督の「天国と地獄」を思い出したが、全く違いブラック・コメディ仕立ての悲喜劇。失業中の家族4人が金持一家のパラサイトになる話だが、「万引き家族」にも通じる 犯罪者だけど共感せずにいられない、そんな不思議な映画だった。
ポン・ジュノ監督は、この映画で お金持ちもパラサイト(寄生虫)なんだと。つまり お金持ちというのは、貧しい人々に“寄生”して労働力を吸い上げている。お金持ちは、貧しい人たちの労働に“寄生”している・・・そういう意味合いもあると。このコメントにも納得した。


2020年1月9日木曜日

我家の初詣。

我家の初詣は4日  石川護国神社へ。

老人は転んだら大変と 混む3が日を避けての初詣です。
この護国神社は、実は52年前に私達が結婚式を挙げた所。
なぜここで挙げたのか? その理由も今では忘れ 思い出せません。(苦笑)
52年の歳月が愛おしく感じる一方、あの頃の情熱がウソのように思える今が
少々淋しい・・・。

  「年々歳々花相似たり、歳々年々人同じからず」


4日の初詣:石川護国神社

52年前の私達:石川護国神社


52年前の私達:石川護国神社






2020年1月1日水曜日

新年のご挨拶。

あけましておめでとうございます!

2020年 騒がしい東京オリンピックの年。東北震災復興が原発廃炉がままならない日本にとって良い事なのか?  複雑な心境ですが、お互い佳き年でありますよう祈るばかりです。




2019年12月5日木曜日

世界遺産「アンコールワット」紀行-3

3日目:4時起床 まだ真っ暗。ホテル5時出発。
懐中電灯持ってアンコールワットの朝日鑑賞へ。
ワットに到着してもまだ暗い。次第にシルエットのアンコールワット浮かび上がって来る。聖池の周りは、すでに多数の先客に占拠されていて近づけない。精一杯背伸びしてカメラを撮る。やがて朝日に尖塔が輝く。神秘的な空気が辺り一面に漂い、夢に観た光景。感動的な1日の始まり・・・。来て良かった!
聖池の周りは、すでに多数の先客に占拠されていて近づけない。
携帯カメラの撮影会のごとし。
精一杯背伸びしてようやく撮れた1枚。我が傑作。

陽が昇ったアンコールワット。
アンコールワットの日の出。
年2回、春分の日と秋分の日は、中央の尖塔より陽が昇るそうです。
私の頭上より日の出。(笑)



その後、ホテルに戻り朝食。次の遺跡「バンテアイ・スレイ」へ。 アンコールワットより北へ約30km「バンテアイ・スレイ」は「女の砦」の意味。 精巧で深く美しい彫刻が全面に施され「アンコール美術の至宝」と賞賛される。
南北の祠堂には「東洋のモナリザ」と評されるデヴァターの像が柔らかな曲線で彫られ、美しい姿を見せている。1923年 フランスの作家・元文化大臣のアンドレ・マルローがデヴァター像を盗み出し逮捕され、注目を集めた。マルローは、後にこの体験を基に小説『王道』を書いたそうだ。
バンテアイ・スレイ遺跡。


「東洋のモナリザ」と評されるデヴァター像。

昼食後、ロリュオス遺跡群へ。バコンプリヤ・コーという2つの遺跡を訪ねる。アンコールワットやアンコールトムなどの原点を見ることが出来る小さい遺跡です。もう遺跡は充分。遺跡巡り症候群になりそう。(苦笑)
ロリュオス遺跡群:パコン。
ロリュオス遺跡群:パコン。


ロリュオス遺跡群:プリヤ・コー。

ロリュオス遺跡群:プリヤ・コー。


ナイトマーケットにて。
側に傷痍軍人達が寄付金を募る演奏をしています。
今回の旅行中、何度も見たが まだ内戦の傷跡が人々に残っている。

さようならシュムリアップ空港。


ようやく遺跡より解放され夕食へ。クメール創作料理のコースディナーだが、味は好みに合わず残念。そして、旅は終わりに近づいた。
旅の最後は、ナイトマーケットへ。宝石・銀製品・食品・偽物ブランド品等 雑多な店が軒を並べる市場。その市場の入口には、傷痍軍人達が寄付金を募る演奏を。今回の旅行中、何度も見たが まだ内戦の傷跡が人々に残っている。お土産品を少し買って帰国の為、シュムリアップ空港へ・・・。
こうしてアンコールワットの旅は終わった。
ありがとうカンボジア!

世界遺産「アンコールワット」紀行-2

2日目:睡眠4時間で6時起床。快晴 ベランダへ出る もう暑い。

8時半 アンコールトム (ワットから3km離れている) を目指してホテル出発。途中、アンコール遺跡2日間パスポート(62ドル)を購入。どの遺跡に入るにもこのパスポートが必要なんです。
ホテルの客室ベランダから。

ホテル入口。

朝食レストランの横にあるBarで。

アンコールワット遺跡めぐり2日間パスポート。

アンコール・トム(大きな町)は、12世紀 ジャヤーヴァルマン7世が建設、その中心地にあるのがバイヨン寺院。王が最も尊敬した観世音菩薩を いたるところで見ることが出来ます。有名な「クメールの微笑み」も・・・。 でも、アップダウン続く遺跡見学に老躯は悲鳴を上げ始めた。その上、34度近い温度にさらされ脱水症状。今迄した海外旅行の中で一番過酷か・・・歳のせいか?
アンコールトム・南大門にて。
四面仏を最頂部に配した高さ23mの大門。
アンコールトムの5つの門の中で最も美しいと言われている。




中央祠堂にある有名な四面仏「クメールの微笑み」。


ようやく次の遺跡 神秘的な寺院「タ・プローム」へ。ここは緑の樹木が多く涼しく助かる。でも、ガジュマルの巨大な樹木の根っこと遺跡が絡み合い、遺跡は崩壊寸前。自然の驚異が神秘的で珍しい遺跡。
ここは、ぜひ見学をお薦めします。


神秘的な寺院「タ・プローム」。
ガジュマルの巨大な樹木の根っこと遺跡が絡み合い、遺跡は崩壊寸前。
自然の驚異が神秘的で珍しい遺跡。
木の根っこの隙間に仏が見えますか?



アンコール・トム & タ・プローム遺跡見学後、昼食 そして 一旦ホテルへ。フラフラになり部屋に帰りベットへ倒れ込む。この休憩で生き返りました。(苦笑)
元気を取り戻し待望の「アンコールワット」へ出発。 アンコール・ワットは「国都寺院」という意味。クメール建築の傑作とされている。バスを降りてワットの側まで行くのに、堀に掛かる浮橋を渡り、1,500m以上歩るかないといけない。そこからまた困難が始まった。(笑)
でも、勇気を絞って神々が住む「中央祠堂」まで登らないと・・・。65度の急勾配の階段を上ると、シュムリアップの素晴らしい景観。ついに永年の夢が叶った。
アンコールワット全景。
聖池の水面に映るアンコールワット。


聖池の水面に映るアンコールワットを背景に。

中央祠堂の尖塔。高さ65m。
世界の中心・神々が住む須弥山を、周りの回廊・尖塔はヒマラヤ連邦を象徴している

この階段も傾斜65度。登頂禁止。

十字回廊から観るシュムリアップの素晴らしい景観。

十字回廊にある王様の沐浴場。

65度の階段は、下から観ると大したことないが、降りる時の方が怖い・・・。 
65度の階段は、上から見るとこんな感じ。

神々が住む「中央祠堂」へ。65度の急勾配階段。
(あるネット記事では、70度とも?)
CNNが世界の怖い階段13ヶ所をランク付けで発表。その中でトップに輝いたのがカンボジアが誇る世界遺産アンコールワットの階段です。傾斜70度以上の急角度で登るのが困難と紹介しています。http://cambodianavi.net/column/14.html



ワットの後、美しい夕日鑑賞「プレルーフ遺跡」へ。 膝の痛さを無理して登ったに 見えたのは密林に沈む夕日だけだった。私はアンコールワットの赤いシルエットが見れると勘違いしていてガッカリ。(笑)
美しい夕日鑑賞「プレルーフ遺跡」頂上。 
膝の痛さを我慢して登ったのに 見えたのは密林に沈む夕日だけだった。
しかも観光客で一杯。


夕食は、カンボジアの伝統舞踊「アプサラ・ダンス」ディナーショウへ。アプサラは『天使・天女』を意味。踊りは神への祈りとして捧げらるものでした。
こうして、疲労困憊の2日目が終了。 明日は4時起床、神秘的なアンコールワット朝日鑑賞へ。期待しつつ眠りにつく・・・。
カンボジアの伝統舞踊・アプサラ。
http://cambodianavi.net/column/apsara.html