2018年1月2日火曜日

新年のご挨拶。

あけましておめでとうございます。

新しい年 2018年の幕開けです。
数年前迄は、いろいろ新しい希望や目標をたて、誓ったものですが
子供達も夫々成長し、独立し、家庭を持った最近は、
唯これ無事で穏やかに1年過ごせたら・・・と願うばかりになりました。
もう 賞味期限過ぎ状態なのかぁ〜と思ったりします。(苦笑)

でも、社会的な理想は、失っていません。
S・ウルマンの「青春」と云う詩にこんな言葉があります。
「年を重ねただけで、人は老いない。理想を失う時、初めて老いる」と。

   「子供達 帰り静かな 二日かな」  呂 修


個人用年賀状


会社用年賀状





2017年12月31日日曜日

この一年のお礼!

2017年も今日で終わり・・・。

昨日から年末休暇のはずが、今年は 珍しく年末年始へかけて新しいプロジェクトが始まり、休暇返上 涙のお正月になりそうです。今日も会社へ出勤の年末です。(苦笑)
この1年、皆様のご支援に心から感謝申し上げます。
2018年も、どうぞよろしくお願いいたします。

個人用の挨拶状

会社用挨拶状




2017年12月26日火曜日

「県内10大ニュース」5番目に「ひゃくまん穀」が!

12月24日、北國新聞「県内10大ニュース」5番目に「ひゃくまん穀」が選ばれてました!

私がデザインしたシンボルも「梅鉢紋をあしらったロゴマーク入りの赤い袋に詰められ・・・」と説明入で紹介されており大満足。(笑)
そう云えばTV-CF もナレーションが「ひゃくまん穀で百満足」でしたね!








2017年12月4日月曜日

金沢販売士協会でデザイン講話。

12月2日、金沢販売士協会 例会に呼ばれてのデザイン講話。
私の58年間のデザイン今昔を、和倉温泉・加賀屋「雪月花」デザイン中心に、最近デザインした「ひゃくまん穀」シンボルマーク等を話しました。
お役に立ったかどうか分かりませんが、講話後の懇親会でご馳走になったお刺身の
美味しかったこと! 堪能しました!(笑)

金沢販売士協会 会長の石井氏 ( KCG カナザワコンサルティンググループ) と。

和倉温泉・加賀屋「雪月花」ポスター。

石川のお米「ひゃくまん穀」ポスター。



2017年11月23日木曜日

中国・西安旅行記ー4日目(最終日)

今日は「西安市内観光」へ。
玄宗と楊貴妃ゆかりの「興慶宮公園」〜  空海ゆかりの「青龍寺」〜  城塞都市 西安の「西の城門・城壁」〜  最後に広大な「大明宮遺跡」までのコース。そして 旅行の最終日。

1:「興慶宮公園」
興慶宮公園は、唐の玄宗皇帝の離宮・興慶宮があった場所で遺跡に基づいて復原した文化遺跡の公園。敷地面積は52万ヘクタール。園内には 花が多く牡丹の名所で知られ、唐玄宗と楊貴妃がよく遊んだと言われる「沈香亭」があります。唐玄宗も色々な牡丹を植えたそうです。
玄宗と楊貴妃は、ここで享楽にふけり、文人 李白を呼んで歌を詠ませ、芝居をさせた。李白はこう詠んだ「名花 傾国 ふたつながら相歓ぶ、常に君王の笑いを帯びて看るを得たり、解釈す春風無限の恨み、沈香亭北 欄干に倚る」 (名花と傾国の美女は 互いに照り映え これを君主は満悦至極にみつめている 沈香亭の欄干によりかかって名花と美人をめでていると 春の愁いや恨み言など跡形もなく消えてしまうのだ)・・・そして 国は傾いていった。
日本の遣唐使・藤原清河と留学生・阿培仲麻呂もここを訪れた。園内には「阿倍仲麻呂」の記念碑が建つ。阿培仲麻呂は、遣唐使として来唐。その後、役人として仕え、とうとう日本に帰国出来なかったそうです。
唐玄宗と楊貴妃がよく遊んだと言われる瑠璃瓦の「沈香亭」。

公園内で水で漢詩を書く老人。毎朝 来て書いているそうです。

「阿倍仲麻呂」の記念碑。

2:「青龍寺」
青龍寺は、真言宗の開祖・弘法大師空海が遣唐使として留学中、師匠の恵果阿闍梨から仏教を学んだお寺。空海 弘法大師は 遣唐船で中国へ渡り、2年間で仏教の全てを習得。帰国して高野山で天台宗を開いた。青龍寺は、その原点の場所。
日本からの寄贈で空海記念碑恵果・空海記念堂が建つ。日本の四国四県から贈られた桜の木が沢山あり、春には多くの市民が訪れるそうです。また、四国八十八カ所巡りの0番札所という事も初めて知りました。元首相 管直人氏の記帳もありました。

青龍寺入場券。

日本から寄贈の空海記念碑」。

頂いた御朱印帳。

空海の書跡。

四国八十八カ所巡りの0番札所」の説明。


3:「西の城門・城壁」
安定門は、創建当時 城壁中最大の門。シルクロードの発着点であった為、城壁内で最も重要な城門だった。門は二重になっており、その間の広場は高い壁に囲まれている。当時 唐の都・長安は人口100万人の世界最大の都市。その広大な城壁に歴史ロマンが積み重なっていた。
西安古城壁は、完全に保存されている世界最大の古代城壁。また、世界で最も整った古代の軍事砦として有名。 城壁は、唐の長安城を基礎に明の洪武年間(1370年~1378年)にかけてレンガを積み重ねて築かれた。 城壁は、周囲13912メートル、高さ12メートル、底の幅18メートル、頂部の広さ15メートル。 厚さが高さより大きい堅固な城壁。一周が14km。城壁の上には、レンタサイクルがありましたが、自転車で廻っても2時間は掛かると言われ諦めた。(笑)
城壁内で最も重要な「安定門」。

城壁の上。こんなに長く広い道になっていて驚く。


城内のいたる所で結婚する新郎新婦が前撮りしてました。


4:「大明宮遺跡」
大明宮遺跡紀元634年に建てられ、唐高宗から唐代歴代の皇帝がここに住んで国政事務を処理し、200年余り唐の政治・文化の中心地となった処。
2010年、西安大明宮国家遺跡公園として開園。敷地面積は、3.5平方キロメートル。広さは有名なニューヨーク中央公園とほぼ同じ。西安市における最大の中央公園です。
現在、大明宮遺跡の発掘面積は1%。予想では、大明宮遺跡の発掘は少なくとも200年間も掛かるそうです。
正南門にあたる丹鳳門が復元されており、内部は博物館。

大明宮の正殿にあたる含元殿遺址は、有料エリア。
とにかく広く丹鳳門から有料エリアの入口まで歩くだけでも10分以上掛かります。


さあ、今日で全ての観光スケジュールが終わった。
午後10時頃、西安空港を発ち大連へ。真夜中に大連のホテル着。
そして、朝6時ホテル出発、帰国の途へ。
老体には、殺人スケジュールに見える。(苦笑)
でも、自分の好奇心が駆り立てた西安の旅。色々中国の風土にチカラを貰った。
ありがとう中国!!!







2017年11月21日火曜日

中国・西安旅行記ー3日目

3日目、世界八番目の不思議と呼ばれる世界遺産「兵馬俑へ。


朝 ホテルをバスで出発。秦の始皇帝を守る為に造られた地下大軍団「兵馬俑へ。到着した「秦の始皇帝兵馬俑坑博物館」の大きさにまず驚く。
フランスのジャック・シラク元大統領は、兵馬俑を訪問した際「世界8番目の不思議」と形容したそうです。

始皇帝は中国史初の皇帝。その強大な力で巨大な陵墓を建設。これが「秦始皇帝陵であり、1974年に地元の農民により偶然に発見された。
「兵馬俑は、この陵を取り巻くように配置されており、その規模は2万m2余におよぶ。3つの俑坑には 戦車が100余台、陶馬が600体、兵士俑は成人男性の等身大で約8000体、どれ一つとして同じ顔をしたものはない。また、かつては兵士俑の夫々に顔料で彩色がされていたことも発掘調査で判明している
その後、宮殿のレプリカや文官や芸人等の俑も発掘されている為、生前の始皇帝の生活そのものを来世に持って行こうとしたものであると考えられている。
そして今、始皇帝のお陰で年間500万人が訪れ、入場料の総額は4億8千万元(約72億円)に上り、中国観光経済に大きく貢献している。
さすが始皇帝、現代風に云えば GOOD JOB!(笑)



朝 宿泊ホテルをバスで出発。


広大な「秦の始皇帝兵馬俑坑博物館前広場。
1号坑の兵士俑UP。

始皇帝陵兵馬俑坑1号坑。
最大の1号坑は長さ230メートル、幅62メートル、深さ5メートル、
総面積14260平方メートル、兵馬俑の数は約6000体、
2号坑は6000平方メートル、俑の数は1000体余り、
3号坑は500平方メートル、俑の数は58体に過ぎず、規模が一番小さいが、
地下軍の司令部に相当する所らしい

修理中の兵士

始皇帝陵兵馬俑坑「銅馬車館入口
発掘された時の4頭立馬車の様子。
銅馬車館」の中に入ると秦始皇帝がこの様な馬車で
全国を巡行したと云う銅製4頭立馬車の遺物を中心に、
馬具の見事な装飾品が展示されている。


左:下級兵士/中央:中級兵士/右:上級兵士(大将)

お土産店の前で。

巨大な始皇帝像の前で。
秦始皇帝陵。
大きな山そのものが墓であるのに驚く。
史記には始皇帝の遺体安置場所近くに「水銀の川や海が作られた」とある。
この記述は長い間、誇張された伝説と考えられていたが、
1981年に行われた調査によると
この周囲から水銀の蒸発が確認され、
真実である可能性が高いそうです。


玄奘三蔵の像と大雁塔。

大雁塔は、652年に唐の高僧玄奘三蔵が
インドから持ち帰った経典や仏像などを保存するために、
高宗に申し出て建立した塔。
高さは7層64m。大慈恩寺の境内に建っている。
玄奘の設計により、当初は5層であった。各階に仏舎利がおさめられ、
経典は上層部の石室に置かれた。玄奘自ら造営に携わったと伝わる。

頑張って最上階 (7階) まで登りました。
階段数は、般若心経の文字数にちなみ 262段 (?) だそうですが、
とにかく老体には辛かったが、西安市内が一望され気持ち良かった。
広い通りが大雁塔から真っ直ぐに走っていて、 
日本の平城京や平安京の手本となったそうです。


大慈恩寺本尊のお釈迦様。

ここで1句
「 西 安 の 仏 微 笑 む 小 春 か な 」 呂  修



夕食後は、オプションで「唐歌舞ショー」へ。
ひととき中国美女の舞に酔った!!!
今日は、待望の兵馬俑も観て満足したし、
今夜は、ゆっくり中国美女の夢でも見よう。(笑)